源泉所得税 納付書 記入例。 「報酬」に対する源泉徴収

記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書

💅 該当する社員が在籍しており指摘を受けた内容が正しかったとの前提で、今回は納付書の記入方法に内容を絞ってご紹介します。 年末調整を行った際に払い過ぎがあった場合は、超過税額を記入します。

14
記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書

👏 このようなケースでは、納付する源泉所得税(納付書の「合計額」)は、マイナスにならず「ゼロ」となります。

7
記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書

📞 ほとんどの場合は税務署から送られてくる納付書を使うはずなので記入済みです。

20
記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書

⚠ 【日雇賃金の源泉所得税がゼロの場合】• 人員:各月に報酬を支払った「 個人事業者等の数」を記載します。 源泉税の納付書の書き方(納期の特例用) 画像クリックで幅800pxに画像拡大できます 1. (郵送でもOK) 引ききれない税額は、次の納付でマイナスできるのですが、その金額を「年末調整未済額****円」と記入しておきます。 源泉徴収しなければならない金額 等 につき、下記でご紹介させて頂きます。

2
記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書

☭ これも税務署から送付された納付書には印刷されているはずです。 【令和元年7月~12月分の源泉所得税を、令和2年1月に納付するケース】• 「原則的には税込みで記入する」とか、「会社の会計処理に準ずる」とか、色々な情報がありますが、実務的には 報酬に係る源泉所得税の金額が間違ってさえいなければ、どちらでもやり易い方でやってもらって構いません。

記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書

✊ 日ごとに雇用し、勤務した日又は時間によって給与を計算する• 上記2. 【改元に伴う源泉所得税の納付書の書き方】 「平成」が印字された納付書の記載にあたってのお願い• 支払年月日の年月と同じになります。 さらに、計算の結果、マイナスとして余った金額(上図の7,323円)は、年末調整控除未済額として翌年以降に繰り越すことができます。

19
記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書

✍ 従って、令和2年2月分の源泉所得税までは、平成「31」年度と記入することができます。 毎月納付の場合は年月日がそれぞれ1枠です。 の期間に支払った報酬の合計額を記入します。

1
記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書 記入例 源泉所得税 納付書

😚 4、「区分」とは? 納付書「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」のケースでは、 「俸給・給料等」「賞与」「税理士等の報酬」の区分がありますので、それぞれの欄に記載します。 人員 人員は、支払った人の数です。

6