郷原 河井。 河井夫妻と自民党本部は一蓮托生~資金提供に「交付罪」適用の可能性

河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

👐 ここで、証言内容にアベからの「指示があったかどうか」が鍵になるわけですね。

10
河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

🌏 どのように見ていますか。 このような活動は、すべて公職選挙での当該候補者の当選を目的として行われるものであり、それに関して他人に何らかの依頼をし、それにかかる費用のほか、対価、報酬が支払われることもあるが、そこには、「選挙に向けての自分への支持拡大のための政治活動」としての「地盤培養行為」という要素もあり、それは、従来、「選挙運動」とは別のものと扱われてきた。

7
河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

☎ 河井夫婦の不可解な現金供与の理由を推測して行くと菅氏、黒川氏に行きつく。 会計の時に払おうとしたら、すでに済ませていたので『こっちも出す』と言うと『今日は大丈夫です』といい、案里氏が白い封筒を差し出した。 克行氏としては、県連ルートが使えない以上、自分で直接お金を配るしかなかったのです。

河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

😙 黒川弘務さんの定年延長や後任の検事総長問題をめぐり、官邸と検察の間で確執が続く中で、あえてこのような微妙な事件に着手した検察の真意はどこにあるのでしょうか? 郷原 そこまで明確に意図したわけではないかもしれませんが、やはり前提として、溝手候補の10倍もの選挙資金が河井夫妻に提供されたという事実があります。 問題は、このような弁護人の主張が、どこまで合理性を持つ立証となるかどうかだ。 また、上記記事のCさんのように、河井夫妻側から現金を差しだされたが受領しなかった場合も、上記2点の趣旨が立証できれば、河井夫妻側に「供与の申込み」の犯罪が成立する。

14
河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

🤝 東京高検検事長の黒川氏には手も足も出ません。 今、永田町でもっぱら言われているのは「安倍総理は解散するんじゃないか」という話ですよね。 克行氏は安倍晋三総理の熱心な信奉者で、2012年の自民党総裁選挙では安倍氏の推薦人に名を連ね、第2次安倍政権発足後は首相補佐官や党総裁外交特別補佐を務めた総理の側近中の側近だ。

1
河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

🙏 また、もし今回は境界線を越えていなかったとしても、明らかに既存の境界線がおかしいとすれば、それは検察の一方的な解釈変更によってではなく、法改正によって動かされるべきものではないか。

河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

😎 長谷川:3か月前だと通常は摘発されないんですか。 (1)の野党候補の支持者を自民党候補に投票してもらうことが容易ではないことは自明であろう。 克行氏の狙いはどこにあると考えられますか。

18
河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

🤘そして、 b については、安倍首相との間で、上記 4 の広島県内の選挙情勢と、公認の遅れや県連の非協力から、人的、資金的に厳しい状況の中で、それを打開し、党勢拡大・地盤培養を行う目的について認識を共有していたのであれば、克行氏が、現金供与の際に口にしなかったとしても、党勢拡大・地盤培養のための政治資金としての現金供与であったとの弁護人冒陳での主張に、相応の裏付けがあるということになる。 同年5月には官房長官として異例の訪米を行い、存在感を高めます。 さらに、政治には自分たちに不都合となる法改正を期待できない時、それが検察の解釈変更によって実現することを期待することは許されることなのか。

1
河井 郷原 河井 郷原 河井 郷原

⚔ 「党本部からの軍資金を得た河井夫妻が買収を働いたという構図が成立し、有罪に持ち込める事件です。

5