返送 封筒 書き方。 返信用封筒のマナーを学ぶ 正しい書き方・折り方・入れ方とは

書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

🙌 返信する相手がわざわざ糊や両面テープを準備する手間を省くための、親切心から生まれたマナーといえるでしょう。 とくに、書類のやりとりの多い事務職では日常的に使用することになります。

11
書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

⚓ 返信用封筒を使って返信するとき 住所の記入について 返信用封筒では、送り先の住所はすでに書かれています。

16
書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

♥ 氏名のまたは部署の語尾は「行」を他の文字よりも少し小さめに書きます。

書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

☘ 基本的には82円切手で問題ありませんが、不安な場合は92円切手を使うと良いでしょう。

18
書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

✍ A4サイズの紙は1枚およそ4g程度ですが、紙質などによって重さは異なりますので、不安がある場合は多めの切手を貼っておくようにしましょう。

書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

🤚 結論から言うと、企業に向けて送る場合は「行」の方が適しています。 茶色は事務用として扱われることが多いため、履歴書などの重要書類を送る際は白の方が適しています。 また、郵便番号は、右上の欄外にあります。

3
書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

👌 まず、縦書きの場合は、名前の左下に「宛」または「行」と書きましょう。

1
書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

⚐ 裏面の住所や差出人は受け取った側が書くものです。 ひと手間かければ自分の希望どおりに返送してもらえますよ。

2
書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒 書き方 返送 封筒

☘ 敬称を消す際は文字の上に2本の線をひくのが、返信用封筒の修正において正しいやり方といわれています。 封筒の裏面の書き方 裏面は以下のように記載します。

4