かちかち 山 原作。 まんが日本昔ばなし〜データベース〜

原作 かちかち 山 原作 かちかち 山 原作 かちかち 山

📞 「で、今晩のごちそうは何だ?」 「家に着いてからのお楽しみじゃ。 出来れば、危険がないように近くで見守ってあげたいです。 「タヌキくん。

原作 かちかち 山 原作 かちかち 山 原作 かちかち 山

😙 もちろん作りおわったら、また天井につるしてもかまいません」 「そうかい。

原作 かちかち 山 原作 かちかち 山 原作 かちかち 山

🖕 「タヌキくん、どうだい? その舟の乗り心地は?」 「うん、いいよ。

10
原作 かちかち 山 原作 かちかち 山 原作 かちかち 山

🙂 「やーいやーい、食ったぞ食ったぞ、ばばあ汁食ったぞ。 」 やがて焚き木がボウボウと燃え上がります。

11
原作 かちかち 山 原作 かちかち 山 原作 かちかち 山

😛 「月曜・女のサスペンス」にて「カチカチ山殺人事件」のタイトルで化されたが、時代は現代に設定され、少女はOLなどの改変がある。 ペテン師がクマの女たちをだまし、留守番中にクマの女の子供たちを料理し、女たちに食わせる話で、策略でクマの女たちを穴に入れて焼き殺す場面には、女が火打石の音がするというと、火打ち鳥が飛んでいる音だと答えるなどの趣向もある。

原作 かちかち 山 原作 かちかち 山 原作 かちかち 山

🎇 話の内容は、前半のたぬきがおばあさんを殺してしまう話と、後半のうさぎのあだ討ち話から成り立っていますが、それぞれ別の話として伝わっている地方もあります。

原作 かちかち 山 原作 かちかち 山 原作 かちかち 山

🤘 「あんたの撒く種は 千粒が一粒さ 夜になったら もとなしだ」 お爺さんはかんかんに怒って、鍬を持って狸を追い駆けましたが、 いたずら狸の足は速く、山の中へと逃げ帰っていきました。 すると、それが見事に命中。

16